50歳で10キロやせる!糖質を確認することが成功への近道♪

こんばんは!ゆんです

断糖始めてから、いろんな食品の糖質量が気になりますよね
思わぬものに大量の糖質が入っていたりして、意外と糖質の少ないものを発見できたり♪
ということで、今日は糖質の確認を!

こちらのサイト便利です
使っているよ、って 人も多いと思います♪
食品の名前とグラム数を入れると、炭水化物量やタンパク質量などがわかります

https://calorie.slism.jp/

このサイトは「文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会 編 日本食品標準成分表 2015(政府刊行物:独立行政法人 国立印刷局発行)に準拠したデータベースを使用した糖質量がわかるサイトらしいので、参考にどうぞ

始めてからしばらくは、このサイトとにらめっこでした
そして、食材を買うとき必ず裏の成分表示を見るようになりました
例えば豆乳

f:id:smilelife5:20190526225156j:image

この豆乳は親切です
炭水化物をちゃんと糖質と食物繊維に分けてくれている

炭水化物=糖質+食物繊維
なんです

成分表示の中には炭水化物の量しか書いてないものも多いのが現状
そんな時は糖質量が不明で、もしかしたら全部が糖質ってこともあるので
私は買わないようにしていました

この豆乳はコップ1杯飲むと、糖質が1.6ある、ってことですね
緩やかな糖質制限をしているなら、この程度は良いのかも・・・
でもわたしは、金森式は断糖をしています

糖を断つ!
必要があるので、摂取する糖質量はなるべく0に近くすることを目指しました
なので、この程度も避ける
食べません
仮に買っても200mlも使わず、50ml程度なら、糖質量も0.4で済むので、少量使う程度です

慣れれば、何に糖質がどれくらい入っているのか、わかるようになります
でも、それまでは慎重に食材を選ぶことが必要だし、
少しだからと糖質を取っていると、積もり積もって断糖にならない、なんてこと多いです
もし、10キロ20キロ痩せたいなら、断糖一択で!


**追記**


これを書いた時は言われていませんでしたが、2020年2月現在、金森さんは豆乳などの大豆製品は推奨していません
痩せにくくなるよ、とのこと

断糖って糖質制限やスーパー糖質制限とは、全く違うんですよね
ちょっとならいいかな、ではなくて
ちょっとも摂らないのが断糖なんです
厳しく感じるかも、ですが
これをどれだけタイトに守るかで減るスピードが違うと思います
それに、もっと食べたいって食欲も抑制されて楽です

口に入れる前に、
食べていいかな?って迷ったら
糖質量のチェックをすることお勧めします

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です