痩せようと思ったきっかけ

子どもの頃から太っていたけど、子供産んで3桁になって
まずいまずいと思っても、なかなか痩せることに本気になれなかった
というか、むりだろうってあきらめていたんだけど
やっぱり痩せよう!って思った出来事があった

思い起こせば1年くらい前
東京ドームにコンサートを見に行ったんですよ
それまでも東京ドームは行ってたんですけど
その日は、今までにないスタンドの一番前、めちゃくちゃテンション上がりました♪

そして、シートに座ったら
骨盤がシートに挟まれて、すごくきつい・・・う・・・死ぬ・・・
もう、きついというより、骨盤のところで血が止まるレベル・・・
苦しかった~
それで、この苦しさを何とかしようと
ちょっと浅め座ってみた
片側の腰骨をシートから外したら少しは楽になるかと思って

そうすると、今度は隣の人のスペースにはみ出すわけ
もう、身動きが取れない・・・
シートの中にお尻を収めると、血が止まりそうなるし
浅めに座ると隣の人にあたっちゃうし
座っていても楽じゃない・・・

あんまり苦しいので、立ち上がって
そして振り返って座った座席のシートを見たら
まあまあな大きさ!
うそ
わたしのお尻、これがきついって・・・・やばい

ドームのシートが苦しかったころ

そして、その日のコンサートは楽しかったけど
楽しかったけど、苦しかった・・・体が( ;∀;)

その翌日
またドームのコンサートへ
今度はアリーナ!しかも、メインのステージから5列目♡

神席キターーーーーー!!
・・・・なんですけど
アリーナって、パイプ椅子をつなげたような椅子で
隣との境目がない・・・・
ううう・・・
これはやばい予感しかない・・・と思いながら席へ
すっごくいい席♡なにこれ!
って嬉しさとともにこのパイプ椅子に座ったら確実にはみだす・・・という予感

周り若い子ばっかりで
ほんとスミマセンって、全方向的に謝罪の気持ちで席に座ると、やっぱりはみ出す
ひとり分のスペースでは収まらないスケールの大きさの自分を確認しちゃって
つらいやら、申し訳ないやら

しかも、アリーナってドームに入ってから、どんどん下に階段を降りていく
席に着く前に膝が壊れそうになるwww
でも、膝が復活する前に今度はトイレに行こ、ってなるわけ
そうすると、今来た道を全部戻ってどんどん上に階段登っていく必要があって
トイレにつく頃には、心臓止まるんじゃないかってくらいハアハアしてる
汗もすごいし

コンサートひとつ行っても、こんな感じで大変
楽しいし、うれしいんだけど、いろんなストレスもあって

この2日間で悟った・・
痩せよう
痩せなきゃ
痩せるんだ!!

アリーナ席当たってツライ、とか嫌だもん
隣の人にもすぐに体があたって、すみませんスミマセンって
後ろの人が小さい時のストレス
目の前に山みたいな人が前に来たら嫌だろうなって申し訳ない

もっと単純に楽しみたいのよ
コンサートとか
お出かけとか
生きてることとか

これが痩せようと思ったきっかけ

この時のやせよう!がかなり本気だったからネットで痩せる方法を探した
短期間で、根性とかいらなくて、お金もそうかからなくて
楽でサクッと痩せる方法

・・・ないよね

一番ショックだったのが
自分の重さでやせよう、とかいう筋トレかな?ストレッチだかの痩せる本買ったら
「体重が標準より20キロ(とかだったような)多い人は病気です。この本の対象外ですから肥満外来へ行ってください」
という注意書き

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
対象外・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
病気・・・

肥満外来とか行くの嫌!絶対
だって、太ってるってわかってたけど
わかっていたけど、そんな明らかに太った人しかいないところに行きたくない
太っているって知ってたけど、デブの仲間だって認めたくないっていうか←
太っているを越して太っているのにね、認めたくないんだよ
大々的に治療して痩せたいというよりは、なんとなく痩せました~っていう感じが希望
なんて見栄っぱり!
でもさ、悩んで悩んで病院行った、とか、そんなの絶対嫌だった

そんなときに
金森式の、断糖高脂質食ダイエットに出会って
さりげなく痩せていけて、本当に助かった
自尊心が守られた?的な感じ

自尊心とか、そんなたいそうなものじゃないけど
人には譲れない一線があるのよ

わたしみたいに悩んでいる人いっぱいいるはず
少しだけ痩せたい人には、断糖じゃなくてもいいかもだけど
大幅に痩せたいなら、断糖しちゃって高脂質食が一番効率が良いと思う
しかも楽だし
Twitterに情報全部ある

なんで痩せたいとおもったのか、
こんどオフ会でみんなにも聞いてみよ♪

今はドームのシートも楽々♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です