50歳でも痩せる!バターで痩せる♪憧れの痩せ体質へ(^▽^)/

なんでこんなに太ったんだろう・・・・太ってしまって悩んでいた時何回も考えました
理由が全然わからなかった
個人的な感想としては「息吸うだけで太っていったんです」←んなわけwww
友達と話していても、自分だけ恐ろしく食べているってわけでもなさそうだったし
自分だけが運動してないってわけでもなさそうだった
生まれ変わったら
食べても食べても太らない「胃下垂」というものになりたい
って思ってた

でもね
痩せない理由があった
断糖高脂質食で知ったことを簡単にまとめます

太っていた時って、炭水化物中心の食事でした
ご飯大好き♪パスタ大好き♪
そして甘いお菓子も大好き!
これらの糖質を食べていると、身体はエネルギーとして糖質を分解して使います

糖質食べる→食べた糖が使われる
ふつうこれです
身体がエネルギーを作り出すとき、
細胞の中にあるミトコンドリアがそのエネルギー工場なんですね
で、糖質はエネルギーになりやすい

これはいわゆる解糖系といわれるものです
この解糖系を使っている時、
問題が2つ
口から入った糖質が使われるので、体脂肪はエネルギーとして使われない
使われなかった糖は脂肪として蓄えられちゃう
わわわわ(;^_^A
これは!太る予感しかない・・・

要するに
美味しいもの(糖と脂でできている、世の中にあふれているイロイロですね)を食べると、まず食べた分はエネルギーとして消費されるとしても、食べ過ぎると脂肪として蓄えられちゃう
食べ過ぎてたからなあ・・・美味しいと。ついつい
2個目のケーキとか、おかわりしたご飯とか
食べ過ぎた天ぷらとか・・・
全部ぜ~んぶ蓄えられていたんだね
( ;∀;)

じゃあ、糖質を摂らないとどうなるか?
これが金森式のポイント、断糖高脂質食!

脂質を食べる→食べた脂質+体脂肪が使われる
糖質をとらないで、脂質をとると体がまず驚くわけですね
ミトコンドリアがびっくり!エネルギー作りたいのに
あれ?材料が入ってこないの?
お~い!糖質~!!みたいな?
でも待っても待っても入ってこないわけですよ、今まで使ってた糖質が
で、身体が気が付く
これはやばい!エネルギー作れないじゃん!
そんな時、気が付けば脂質が
で、口から入ってきた脂質をエネルギーとして使うことを始めて
そして、さらに気が付けば体の中に体脂肪というエネルギー源が!!ってことに気が付く
そし脂肪を分解してケトン体を作り出し、それをエネルギーにするわけです

だから金森式をやっている人はケトンメーターとか使って、自分の身体のケトン体の数値を測るわけですね
数値が高ければ、ちゃんとケトン体ができているということ
そして脂肪を分解してるということ

それにミトコンドリアは怠け者なんですよ
糖と脂って、どちらがエネルギーにかえやすいか、といえば糖なんです
だから、糖がどんどん体に入ってきていると、ミトコンドリアが
エネルギーを作る工場がだら~と怠けるわけですね
あ、わたしの出番ないわけね、って感じ
糖でエネルギーつくるの楽々だわ~って
だらっとのんびりすごしてるんです

それが、糖が入ってこない体になると
脂だけが入ってくる体だと
ミトコンドリアはせっせと働きます
頑張ってエネルギーを作らないといけなくなるから
いままでだらっとしてたミトコンドリアが頑張って働き、エネルギーを作り出すわけですね
で、このミトコンドリアが頑張っている状態が大事なんです
これがいいんですよ
だらだらさせちゃダメなの
ミトコンドリアを働かせて、どんどん体脂肪を分解してもらわないと
そのためにも糖質をやめて、脂質を摂る必要があるってことですね

ざっくりした説明ですけど
脂質を摂ってミトコンドリアを働かせましょう、ということ
脂質でエネルギーを作るから、体脂肪が減っていく
このサイクルができたら、これはもうあこがれの痩せ体質(^▽^)/
やった!
生きてるだけで痩せていく♪
もう胃下垂を目指さなくてもいいんだ♪

糖質依存から脂質依存に変えよう
って、金森さんが言ってますが
本当にこれが大事です
糖質とっていると、いつまでたっても脂質依存にならないから
ミトコンドリアもだらっとしたまま
なんでしょうね

昨日久しぶりにバターを100g食べちゃいました
脂はいいです
脂を食べた後で、お腹がすいても口さみしくならない
ただ空腹なだけで、とっても楽です
それに50キロ痩せても、そんなに皺もなく、明らかに皮下脂肪が減っている
今日も肉と脂で過ごします(^▽^)/






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です